VIO脱毛のアフターケアに保湿が必要な理由と保湿の方法を解説

VIO脱毛 お悩み相談

VIO脱毛後の肌は乾燥しています。

放置しておくと施術による肌へのダメージが重なり肌荒れや黒ずみの原因にもなり兼ねません。

この記事では脱毛後に保湿が必要な理由と保湿の方法、さらには脱毛後に避けたいNG行動をまとめました。

脱毛後の肌をより美しく整えるために、ぜひアフターケアの参考にしてみてくださいね。

この記事はこんな人におすすめ
・VIO脱毛に通い始めた人
・脱毛後のアフターケアがよく分からない人
・脱毛後にしてはいけないNG行動を知りたい人

1.VIO脱毛後のアフターケアに保湿が大事な理由

VIO脱毛をした肌には、保湿が何より大切といえます。

光やレーザーを照射された肌は、水分を失った乾燥状態になっているからです。

乾燥した肌を放置せずしっかり保湿することで、次のようなメリットがあります。

・肌トラブルを予防できる
・脱毛をスムーズにすすめられる
・埋没毛が早く治る可能性もある

それぞれ詳しく説明していきます。

脱毛後に保湿をすれば肌トラブルを防げる

脱毛後の肌は、日焼けしたあとのような軽いやけどに似た状態です。肌の水分は蒸発し、乾燥しています。

水分の少なくなった肌はバリア機能が低下しているため、少しの刺激にも敏感です

しっかり保湿をして水分を補っておかないと、炎症や赤みや色素沈着などの肌トラブルが起きてしまうことがあります。

肌トラブルを防ぐため、脱毛後の保湿はしっかり行いましょう

保湿をすると脱毛をスムーズに進められる

乾燥した肌に施術を行うと、肌への負担が大きくなります。

保湿をせず肌トラブルが起きてしまった肌には光やレーザーの照射ができず、場合によっては施術を断られることがあります。

また、しっかり保湿をして肌を整えておくと施術時に痛みが出にくいとの声もあります。

脱毛後にはもちろん、普段からしっかり保湿しておくことで、施術をスムーズにすすめられるでしょう。

保湿で埋没毛が早く治る可能性も

埋没毛(まいぼつもう)とは、毛穴から出られない毛が皮下で成長してしまうことです。

ムダ毛の自己処理でダメージ受けたり乾燥したりすると、肌の角質は厚くなり埋没毛になりやすくなります。

角質が少しずつ削れていくと治ることの多い肌トラブルですが、しっかり保湿をすると埋没毛の治癒が早まることもあります。

肌にうるおいを与えると、ターンオーバーが整って肌の入れ替わりがスムーズに行われるからです。

ももみ
ももみ

脱毛後の肌を保湿することで、さまざまなメリットがあることが分かったわ!保湿しなくちゃ~❤

なーこちゃん
なーこちゃん

次に、アフターケアの方法を具体的に紹介していくにゃ。

2.VIO脱毛のアフターケアの方法

この章では、VIO脱毛後の保湿を含めたアフターケアの方法を3ステップで紹介していきます。

準備するもの
・水で濡らした小さめのタオルかガーゼ
・低刺激な保湿剤
・締め付けの少ない通気性の良い下着

ステップ1:ほてりを冷ます

タオルをぬらしてしっかり絞り、脱毛を受けた部位にやさしく当て冷ましましょう。

冷たすぎると血行不良の原因となってしまうため、氷や保冷材の使用は避けてください。冷えすぎを避けるため、5分くらいで切り上げましょう。

脱毛後の肌は、日焼けをしたあとのような状態です。

熱をもったまま放置してしまうと、炎症や赤み、かゆみなどの肌トラブルが起こることもあるため、クールダウンをしっかりしてきましょう。

ステップ2:やさしく保湿する

脱毛後の肌には保湿は欠かせません。

VIOはデリケートな部位ですから、敏感肌用の乳液やVIO専用の保湿クリームを使って、こすらないようやさしく塗布しましょう。

油分の多い乳液やクリームは、使わないほうが無難です。毛が多く蒸れやすいVIOラインでは油分が酸化してしまい、肌の炎症を引き起こす恐れがあるからです。

脱毛後3日間は、特に念入りなケアを心がけましょう。

ステップ3:通気性のよい下着を身に着ける

肌がダメージから回復するまでは、通気性のよい下着を身に着けましょう。

小さすぎないサイズで、ゆとりのあるものがよいでしょう。コットンやシルク素材のような天然素材のものがおすすめです。

VIO脱毛のあとに通気性の悪い下着を身に着けていると、デリケートゾーンが蒸れて赤みやかゆみ、炎症などが悪化してしまうリスクがあります。

3.脱毛後、ムダ毛の自己処理はしてもいい?

脱毛サロンやクリニックで施術を受けたあと最低3日間は、ムダ毛の自己処理を控えるようにしましょう。

また、脱毛期間中の毛抜きやワックスはもちろんですが、カミソリや除毛クリームなどの刺激の強い除毛法は絶対避けてください。

デリケートな状態となっている肌への負担となり、肌トラブルを引き起こしかねないからです。

脱毛後は1週間もすれば毛が自然に抜け落ちてきて、2週間程度でごっそり抜ける人もいます。次に生え変わるまでの数か月はずっとその状態が続きます。

それでも、残ったムダ毛を処理したい場合は、肌に負担をかけにくい電気シェーバーがおすすめです

ももみ
ももみ

電気シェーバーを使用したあとも、しっかり保湿をしてね。

自己処理以外にも、VIO脱毛後には避けてほしい行動があります。次に詳しく見ていきましょう。

4.VIO脱毛後に避けたいNG行動

VIO脱毛を受けたあとに避けたいのは、主に次の3つのような行動です。

脱毛後に避けたいNG行動3つ
・血行が良くなること
・たくさん汗をかくこと
・肌への刺激となること

れぞれ説明していきましょう。

血行が良くなる行動(熱いお風呂や飲酒など)

脱毛後の肌にはほてりが残り、赤みや炎症も起こしやすい状態です。熱い湯船につかると血行が良くなって、赤みや炎症を悪化させる恐れがあります。

脱毛の施術を受けた日には、ぬるめのシャワーがおすすめです

また、飲酒をしても血流が良くなります。肌トラブルを避けるため、脱毛当日のアルコールは控えましょう。

汗をたくさんかく行動(激しい運動やサウナ・岩盤浴など)

汗を大量にかくことも、肌トラブルの原因となりえます。

照射でほてった毛穴に雑菌が入りこむと、炎症がひどくなり毛嚢炎になりやすいからです。

激しい運動やサウナ、岩盤浴などは肌や毛穴が落ち着くまで我慢してくださいね。

肌への刺激となる行動(マッサージ・エステやきつい下着の着用など)

マッサージやエステは、脱毛後の敏感な肌には刺激となってしまいます。

アフターケアをしっかり行って、肌の赤みやかゆみが治まってからにしておきましょう。

また、きつい下着やストッキングは肌を締め付け摩擦となります。脱毛の直後には、肌にやさしくゆとりのある下着がおすすめです。

5.まとめ

脱毛のアフターケアが大切なのは、ダメージを受けた肌や毛穴をいたわり回復させるためです。

そして脱毛後にNGとされる行動は、肌ダメージを悪化させる可能性があるものでした。

適切なアフターケアを施して、NG行動を避けることで、肌トラブルを起こす確率は低くなります。

肌トラブルを回避して、脱毛を美しくスムーズにすすめてくださいね。

⇒VIO脱毛|お悩み相談室

タイトルとURLをコピーしました