キッズ脱毛は危険!?キッズ脱毛の注意点やメリットなどを解説

VIO脱毛 お悩み相談

キッズ 脱毛は7歳から10歳くらいのお子さんが脱毛を受けることを言います。

キッズ脱毛は、コンプレックスを抱えている場合に、その解消になるなどのメリットも大きい反面、まだ成長過程にある小さいお子さんがレーザーや光脱毛を受ける際の悪い影響などはないのか不安になります。

この記事では、キッズ脱毛のメリット・デメリットや、お子さんが脱毛を受ける際の知っておきたい注意点などを解説していきます。

「お子さんがコンプレックスを抱えている」、「自分が昔、毛深くて悩んでいたので解消してあげたい」、「自己処理の肌トラブルなどのリスクを避けるために通わせたい」など、お子さんの脱毛について検討されている方は、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

1.キッズ脱毛は何歳から受けられる?

脱毛が受けられる年齢は、厳密な定義がありません。

つまり、いつからじゃないと脱毛はできませんという決まりはありません。

一般的には女子の場合なら生理が来てからや、生理の周期が安定してからなどとしているサロンやクリニックもあれば、小学生でも受けれますと「キッズ脱毛」をメニューに取り入れているところも多くなってきました。

これは受け入られる年齢の定義が無いため、脱毛サロンやクリニックが独自に基準を定めていることが理由です。

最近は脱毛機器メーカーも小学生から大丈夫と謳っていたり、ニーズは一定数あって脱毛の若年化が進んでいます。

2.キッズ脱毛のデメリット

ここでは、キッズ脱毛のデメリットを見ていきましょう。キッズ脱毛のデメリットは主に以下のデメリットが考えられます。

施術中の痛みがある

施術はレーザーまたは光をムダ毛を無くしたい部分に当てて照射をします。

脱毛は、毛のメラニン色素を伝って毛根部分に照射した熱を届けます。毛を産生する毛根部分の組織はその熱で破壊されて毛が生えなくなる仕組みです。

照射の際は痛みが生じます。脱毛サロンで扱う光脱毛は、クリニックのレーザー脱毛より出力パワーが弱く痛みもその分少なく感じますが、場合によっては子供の皮膚は大人よりもデリケートですし痛みを感じやすいこともあるでしょう。

日焼けを避けるため生活に影響する

脱毛中は日焼けができません。

大人とは違い、公園や外で遊ぶ機会が多い子供たちですが夏でも長袖などを着て日焼けをしないように配慮する必要があります。

脱毛のコースが完了するまでには数か月から1年以上通いますので、その間のお子さんの生活スタイルには影響してしまうことがあります。

毛が減らない可能性がある

毛はホルモンバランスと密接な関係があると言われています。

ホルモンバランスが安定しない成長過程のお子さんは、一度脱毛が完了したあとも、場合によっては数年後に毛が生えて来る可能性もあるでしょう。

3.キッズ脱毛のメリット

キッズ脱毛にはデメリットはありますが、メリットが大きい側面もあります。

自己処理による肌トラブルを回避できる

毛深さを気にして家にある大人のカミソリで自己処理をしているお子さんは多いでしょう。

カミソリで皮膚を切ってしまったり、自己処理で埋没毛や毛嚢炎になることも少なくありません。

カミソリでの処理を繰り返すと、毛が硬くなりますので腕や脚のチクチクやジョリジョリが治らなくなって人との距離を取ってしまうようになることもあります。

脱毛をすることで、これらのリスクが回避できるのは大きなメリットの一つでしょう。

コンプレックスがある場合は解消する

実はこのコラムの筆者である私も、毛深さにコンプレックスを抱えていた子供でした。

なかには毛深いことをからかう男子も居て、内心おびえていました。私の場合は、親が使っていたT字カミソリを拝借してお風呂で剃ったりして何とかしのいでいたことを思い出します。

周りから見ると気にするほどじゃなくても、本人にとっては深刻な問題だったりします。

わたしは大人になってから全身脱毛をしたのですが、小学生のころにコンプレックスが解消されてたら10代の自己処理の大変さから解放されて、もっと性格が明るくなっていたかもしれません。

4.キッズ脱毛の注意点

大人の脱毛と違って、お子さんが脱毛を行う場合は様々な注意点があります。

主なキッズ脱毛の注意点は、以下の通りです。

・脱毛前のムダ毛の処理など親のサポートが必要
脱毛前はサロンやクリニックに行く前にムダ毛のシェービングをする必要がありますが、お子さんが自分でできない場合は、親御さんが手伝をしないといけません。

また脱毛後は乾燥しているため保湿ケアも忘れないようにしてあげる必要があります。

未成年者の契約は親の同席が必要
サロンやクリニックなどでの未成年者の契約は親の同意が必要です。キッズ脱毛になると、年齢層が低いため契約時は親の同席が必要なります。

・脱毛のリスクをしっかり把握しておく
光脱毛やレーザー脱毛の一般的なリスクとして照射による火傷やその他の肌トラブルが挙げられます。

キッズ脱毛の場合は、大人に照射するよりも出力レベルを低くして当てるサロンやクリニックがほとんどですが、それでも脱毛による肌トラブルの可能性をゼロにすることはできません。

契約時などに説明は必ずありますが、しっかり脱毛のリスクについても親御さんが理解をし、不安要素が残る場合は、契約をせずに再検討することもありですよ。

ももみ
ももみ

安心・安全が一番ね!

なーこちゃん
なーこちゃん

だにゃ!

5.キッズ脱毛のメニューがあるクリニック

当サイトが調べた「キッズ脱毛」のメニューがあるサロンをご紹介します。

クリニックでもキッズ脱毛をしているところもありますが、ここでは痛みなどの負担の少ない光脱毛を中心におすすめしたいと思います。

<キッズ脱毛が受けれられるサロン>

サロン アドラブール ジェイエステ ミュゼ ディオーネ
特徴 キッズジュニア専用
フィルターを
使用するから
効果を維持しながら
安心安全な脱毛を実現
創業1979年の
老舗エステ
お肌に優しくて、
価格も良心的
子供のために開発された
キッズ専用脱毛器を
使用するから安心
料金目安 両わき1回1,800円
鼻下一回3,600円
選べるパーツ2箇所
19,800円
(2箇所×4回)
全身脱毛2回が
総額100円
ひじ上または下
1回4,500円

鼻下1回 1,800円
店舗展開 静岡、愛知県、
三重県、岐阜県など
20店舗
全国展開 全国展開 全国111店舗
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

6.キッズ脱毛は注意点があることも理解して検討しよう

ここまでキッズ脱毛のメリットデメリットなどを解説してきました。

毛深いことに強いコンプレックスを抱えてるお子さんもいます。子供だって悩んでいます。

それでお友達との関係や学校生活に影響が出てしまうようなら誤解を恐れずに言うと、当サイトでは小学生でも脱毛を検討しても良いと考えています。

ですが、成長過程のお子さんの脱毛は大人と違う注意点があることも、お子さんを守る視点から理解しておくことは大切です。

⇒VIO脱毛|お悩み相談室

タイトルとURLをコピーしました