全剃りで後悔!?VIOハイジニーナ脱毛(パイパン)のデメリットを解説

VIO脱毛 お悩み相談

VIO脱毛を経験した多くの女性から人気のハイジニーナ(パイパン)ですが、後悔をしているという声も耳にします。

そこで、ハイジニーナ(パイパン)で後悔する理由は何のか、体験者の口コミ・体験談を調査してまとめてみました。

この記事では、ハイジニーナ(パイパン)にまつわる後悔や満足度、そしてパイパンにするおすすめの方法などについて解説していきます。

「パイパンにしたいけど後悔しないか不安」という方は、ぜひ読んで参考にしてもらえると嬉しいです。

1.ハイジニーナとパイパンの違い

アンダーヘアの全ての毛を脱毛して無毛にすることをハイジニーナ脱毛といいます。

「ハイジニーナ」とは英語で「衛生」などの意味で使われる”hygiene”に由来する単語で、「ハイジーナ」と言う場合もありますが同じ意味合いで使われます。

一方で、同じくアンダーヘアが生えていない状態を表す言葉として「パイパン」がありますが、実は麻雀が語源です。

麻雀牌の白牌が中国語で白板(パイパン)と呼ばれていたことが由来で、ツルっとして真っ白な状態から連想してそう呼ぶようになったと言われています。

語源は異なりますが、ハイジニーナもパイパンもアンダーヘアが無毛のツルツルの状態を言います。

次の章ではパイパン(ハイジニーナ)に関する男性の意見をご紹介します。

2.ハイジニーナ(パイパン)を男性はどう思っているか?

ハイジニーナ(パイパン)についての男性の意見を調査したところ、ひとことで言うと「好みが分かれる」結果となりました。

女性のVIOに関する男性の意識調査によると、ハイジニーナは人気のVIOの形の第2位であると同時に、女性にされると嫌な形、第2位でもありました。

ランキングについて詳しくはこちらの記事でご覧いただけます。

【VIO脱毛】男性ウケ抜群の形とは?57%の男性がVIO脱毛している女性とのセックスに積極的
VIO脱毛で男性ウケが良い形とは?衛生面ではハイジニーナ(パイパン)も興味があるけれど男性目線ではどのように思われているか気になります。そんなお悩みを解決します。

3.ハイジニーナ(パイパン)で後悔した体験談

ハイジニーナ(パイパン)で後悔した口コミ・体験談を徹底的に調査しました。

そこから分かった後悔する理由は大きく分けると以下の3つに集約されました。

・他人の目線が気になり後悔
・チクチクして後悔
・黒ずみが目立って後悔

一つずつ見て行きましょう。

他人の目線が気になり後悔

チクチクして後悔

パイパンにするとチクチクして強い痒みが出て、後悔しているという口コミがほとんどです。

VIO脱毛に通っているいる人でも、毎回、脱毛前に全剃りにしてから照射をします。そのため、脱毛のあと毛が抜けるまでの1週間程度は人によっては「チクチクが不快」に感じる口コミが多く見られます。

黒ずみが目立って後悔

パイパンにすると、下着の擦れで色素沈着を起こして黒ずみが目立つこともあります。

逆に、パイパンにしたことで今まで目立たなかった陰部の黒ずみが目立って恥ずかしいとの声もあります。

パイパンと黒ずみケアはセットでするのがおすすめです。
⇒イビサクリームをVIOの黒ずみ【画像あり】に使った効果とは!?

つぎは、ハイジニーナ(パイパン)の満足度についても調べてみましょう。

4.ハイジニーナ(パイパン)満足派の意見も多い

実は、ハイジニーナ(パイパン)経験者の口コミには、満足派の意見も多くあります。

ハイジニーナにすると、機能面では蒸れや臭いの軽減や衛生面を保てる観点から満足している意見が多く見られました。

また、後悔する理由にあった「他人の目線」は、以下の理由で支障がないという口コミがありました。

・温泉にそもそも行かない生活スタイル
・見られても気にならない

なかには将来的に自分が介護される側になることを見据えて元気なうちにハイジニーナにする方も多いという意見も見かけました。

5.パイパンを後悔しないための4つのポイント

それではハイジニーナ(パイパン)で後悔しないための4つのポイントをご紹介します。

彼氏に相談しておく

先にお伝えした通り、パイパンに対する男性の意見は、きっぱり好き嫌いが分かれます。

いまパートナーが居て相談できる人は、直接彼に好みを聞いて参考意見として取り入れましょう。

いま彼が居ない人は、こちら記事を読んで参考にしてくださいね。

⇒【VIO脱毛】男性ウケ抜群の形とは?57%の男性がVIO脱毛している女性とのセックスに積極的

黒ずみケアをなるべく早く始める

先ほどの口コミでもありましたが、無毛にすることで肌と着衣が擦れて黒ずみの原因になることがあります。

また、パイパンにすることで今まであった黒ずみが目立って恥ずかしいという口コミもありました。

パイパンにするなら黒ずみケアが欠かせません。そして、できてしまった黒ずみは放置しておいても治らないばかりか、ケアを始めても改善するのに数か月かかります。

顔は美白が常識の時代ですが、アソコの黒ずみケアもエチケットとなりつつあります。

まだ、美白をしたことが無い人は、一度自身のアソコを鏡で見て黒ずみ度をチェックしてみましょう。

パイパンと黒ずみケアはセットでするのがおすすめです。
⇒イビサクリームをVIOの黒ずみ【画像あり】に使った効果とは!?

カミソリは使わない

チクチクで後悔した口コミは多く見られましたが原因は剃り方です。

カミソリを使って逆毛の方向に剃ると、毛先が鋭利になるためチクチクします。

アンダーヘアは腕や脚の毛と違って、毛が太くて硬いため毛先がとがって短くそろった毛は下着の中で肌に刺さって痒みが強くなります。

さらに深剃りをしてしまうと、カミソリ負けした肌に刺さって痒みどころか痛みに変わって生活に支障が出てしまう程になる人も居ます。

できれば脱毛が一番ですが、すぐに行けない場合でもカミソリの使用は控えて電気シェーバーなどを使いましょう。

全剃りをしてパイパンの生活を試す

脱毛に行くことを検討している方におススメしたいのですが、一度VIOを全剃りをして数日過ごしてみることです。

例えば、彼氏の反応だったり、ジムやお風呂などの生活スタイルの確認ができます。

生理のとき蒸れや臭いの具合も確認すると衛生面などのメリット面も確かめられて良いでしょう。

6.パイパンにするやり方

では、ハイジニーナ(パイパン)にする方法を見ていきましょう。

電気シェーバーで剃る

電気シェーバーで自分で剃ると、数千円の費用でパイパンを手に入れられるので一番手軽です。

電気シェーバーは100均でも手に入る手軽なものからパナソニックのフェリエなどVIO専用のシェーバーもあります。専用のものはアタッチメントが豊富でVIOの複雑な形状ででも剃りやすい仕様になっています。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は4万円から9万円位の幅で購入できて、自分で好きな時間に脱毛ができる優れものです。

⇒おすすめ家庭用脱毛器

サロンやクリニックで脱毛する

自己処理でツルツルを目指すには、正直限界があります。自己処理は黒ずんでしまったり埋没毛や毛嚢炎の原因にもなりますので、一番のおすすめは脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛をすることです。

チクチクは最初の数回はしてしまうことはあっても、毛が減っていくと徐々にチクチクしなくなりますし、最終的にはツルツルの“パイパン”を手に入れることができます。

⇒【VIO医療脱毛】おすすめクリニック10選!2022年最新情報

⇒安く脱毛を受ける方法【脱毛キャンペーン最新版】

7.番外編:VIO脱毛は少し残す形から始めると失敗しない

初めからハイジニーナ(無毛・パイパン)に決められない人に、ここからはVIO脱毛の経験者として筆者のおススメの方法をお伝えします。

おススメするのは、最初は毛を少し残すデザインで始めることです。毛を残すデザインとは、「トライアングル」、「Iライン(縦長)」や「オーバル」です。

最初は無難な形からVIO脱毛を始めるのがおすすめ

ナチュラルは無難ではありますが、結局下着や水着から毛がはみ出してしまうこともありお金を払って脱毛する意味をあまり見い出せません。

どうせ脱毛するなら小さく残すかハイジニーナの2択でしょう。

わたしはIライン(縦長)ですが、かなりスッキリしているけれど温泉などに行っても恥ずかしいと感じることもなく大変満足しています。

また、女性器の両側面(I)と肛門回り(O)は無毛ですので生理中の蒸れや不快感はかなり軽減されます。もちろん下着や水着は形を気にせず好きなデザインを着こなせます。

Iライン(縦長)は彼からも「セクシーだし、綺麗だね!」と喜ばれましたので、男性の印象も実際は悪くないと思います。

私はサロン脱毛でしたが、最初の数回は残す部分の毛を薄く柔らかくするため全体を照射しました。

その過程で毛が生え変わるまでの一時期は無毛になるのですが、自分でもかなり違和感があって友人に温泉に誘われときは『毛が生え変わるまでは行けない』と断ったほどでした。

一方で、脱毛の過程でツルツルのメリットを感じて、ハイジニーナに転換する人もいるでしょう。

こればっかりは好みの問題ですので、脱毛の過程でハイジニーナを一度疑似体験をして自分の生活スタイルのなかで支障が無いかを確かめてから決めても遅くはないと思います。

8.まとめ

ここまでVIOのハイジニーナ脱毛(無毛・パイパン)に関する後悔や満足度についてもご紹介しました。

一度脱毛を終えてしまうと生えてこなくなりますので、とくにVラインの形は慎重に検討して決めましょう。

⇒VIO脱毛|お悩み相談室

⇒自宅で「セルフVIO脱毛」

⇒VIO脱毛|基礎知識

タイトルとURLをコピーしました