VIO脱毛をしていると【生理のとき楽】に過ごせる?

黒ずみ|その他ケア

女性である以上、生理とは切っても切り離せない関係にあります。

生理中は痛みなどの体調不良に見舞われる方も多いですし、何よりデリケートゾーンの不快感に悩まされますよね。

しかし、この不快感はVIO脱毛をすることによってある程度改善させることができるのです。

今回は、生理とVIO脱毛の関係や、VIO脱毛をするメリット・デメリットをご紹介します。

1.6割の女性が「生理時の不快感を解消するため」と回答

VIOの脱毛経験者の女性に生理に関するアンケート調査をすると、VIO脱毛をしている理由に6割の女性が生理時の不快感を軽減するためと回答していることが分かりました。

さらに、生理中には多くの方が「蒸れ」や「匂い」に悩んでいて、その対策として過半数を超える女性がVIOの脱毛と回答しています。

ほとんどの女性は人生の3分の1以上、毎月生理に悩まされながら過ごします。

しかし、これらの悩みがVIO脱毛によって少しでも楽になるなら、とても助かるし嬉しいことですよね。

次の章ではVIO脱毛のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

参考
全身脱毛サロン「キレイモ」を運営する株式会社ヴィエリス
https://vielis.co.jp/
pr20210412.pdf
20〜40代の働く女性で「生理が順調」「アンダーヘアを脱毛している」と回答した人102名

2.VIO脱毛のメリットとは?

女性がVIO脱毛をすると、生理時の不快感が軽減されることの他にも、様々なメリットを得ることができます。

VIO脱毛のメリットを挙げると

・ムダ毛の処理の手間が省ける
・水着や下着から毛がはみ出る心配がない
・黒ずみが起きにくくなる
蒸れや匂いが軽減する

一つずつ詳しく見ていきましょう。

ムダ毛の処理の手間が省ける

ムダ毛のお手入れをしている女性を好ましいと思う男性は多く、それはVIOも例外ではありません。

また、女性自身もアンダーヘアの毛量に悩むことがあり、自分で処理をしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、VIOラインは複雑な構造で自分で処理をするのが難しく、手間がかかる場所です。カミソリを使った場合は、皮膚を傷つけてしまったなどの肌トラブルも少なくありません。

VIO脱毛をすれば、普段のお手入れが無くなり急なお出かけにも焦らなくなります。

女性のVIO脱毛に関する男性の意識調査の結果はこちら。

【VIO脱毛】男性ウケ抜群の形とは?57%の男性がVIO脱毛している女性とのセックスに積極的
VIO脱毛で男性ウケが良い形とは?衛生面ではハイジニーナ(パイパン)も興味があるけれど男性目線ではどのように思われているか気になります。そんなお悩みを解決します。

水着や下着から毛がはみ出る心配がない

布面積の少ない水着や下着を身につけた時は、どうしても毛がはみ出てしまうのではないかと気になりますよね。

このような場合は、はみ出る部分の毛をVIO脱毛でなくしてしまえば、心配せずにおしゃれを楽しむことができます。

VIO脱毛は一回では終わりません。数か月の間隔を開けて何度か照射をしていきます。そのため夏に向けてVIO脱毛をするのであれば秋〜冬に開始するのがおすすめです。

黒ずみが起きにくくなる

デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚への刺激によって発生すると考えられています。

間違った処理をしたり、デリケートゾーンがかぶれたりすると皮膚が刺激を受け、黒ずんでしまう要因になり兼ねません。

VIO脱毛をすれば自分で処理する手間が省けますし、かぶれも予防できるので、結果的に黒ずみが起きにくくなります。

蒸れや匂いが軽減する

生理中は、ナプキンやサニタリーショーツなど通気性の悪いポリエステルの素材を着用するうえに、衣服が重なって蒸れ安くなります。

その蒸れやすい環境で、陰毛について残った生理の経血、汗や尿が混ざって雑菌が発生すると匂いの原因となります。

先のアンケート調査で生理中の蒸れや匂いの対策としてVIO脱毛を行っている女性が過半数を超えていましたが、やはり蒸れや匂いが軽減することが大きなメリットと言えるでしょう。

生理中以外にも、蒸し暑い夏場などにデリケートゾーンの不快感が気になる方は多いでしょう。VIO脱毛で毛を薄くすることにより、生理中でなくても楽に過ごせるようになります。

ももみ
ももみ

メリットもあるけど、デメリットも聞いておきたいわ。

なーこちゃん
なーこちゃん

次の章ではデメリットについて説明するにゃ。

3.VIO脱毛のデメリットとは?

メリットの多いVIO脱毛ですが、デメリットもある程度は存在します。

VIO脱毛で後悔しないために、ここでデメリットもご紹介します。

・下処理が必要
・照射時に痛みを感じやすい
・施術が恥ずかしい
・肌トラブルの心配

詳しく見ていきましょう。

脱毛前の自己処理が面倒

VIO脱毛の施術を受ける際には、事前にシェーバーなどで処理をしておく必要があります。

施術のたびに処理をしなければならず、チクチクして不快という理由でVIO脱毛を面倒に感じる方もいるようです。

照射時に痛みを感じやすい

デリケートゾーンは敏感な部位なので、照射時に痛みを感じやすいです。

個人差はありますが、我慢できないという声もまれに聞かれます。痛みが心配な場合は、麻酔クリームを使用できる美容クリニックでVIO脱毛を受けるといいでしょう。

施術が恥ずかしい

VIOラインは、普段あまり人に見せることのない部位です。

そのため、施術をしてもらうのが恥ずかしく、なかなか脱毛に踏み切れない場合もあるかもしれません。

ももみ
ももみ

私も最初の数回は彼氏にもあんなにじっくり見られたことが無い…。って躊躇したわ。でも数回通うと慣れて何にも感じなくなったけど♪

脱毛中に濡れないか不安があるなら、こちらに対策が載っています。

VIOの脱毛中に濡れないか不安!? 濡れない4つの対策とは?
VIO脱毛中に濡れてしまうことはあります。でも対処法を知っていれば恥ずかしさや緊張を軽減して濡れないようにすることもできます。ここでは脱毛中の濡れない対策を解説します。

肌トラブルの心配

脱毛の際には毛根にダメージを与えるので、肌トラブルが起きるリスクは否定できません。

頻繁に聞く話ではありませんが、事前処理をしっかり行わなかったり、施術直後に飲酒をしたりするとどうしてもトラブルが発生しやすくなります。

ただし、クリニックであれば万が一の時にはすぐに医師が対応してくれるので安心です。

4.【結論!】VIO脱毛には衛生面・美容面でメリットが多い

VIO脱毛にはデメリットもいくつかありますが、長期的な目で見れば衛生面・美容面でメリットが多いのも確かです。

全体的な毛量が減ればかゆみやニオイが起きにくくなって楽ですし、アンダーヘアの見た目が整い、デリケートゾーンの黒ずみが防げるのも嬉しいポイントです。

VIO脱毛を受けるか受けないかは個人の考え方にもよりますが、メリットとデメリットを見比べながら決めるといいでしょう。

VIO脱毛をしたいけれどデメリットが気になるという場合は、各サロンやクリニックで行われている無料のカウンセリングで、不安を率直に相談してみると安心できるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました