VIOってどこの部位のこと? VIO脱毛についてお手入れ方法やデザインを解説

VIO脱毛 基礎知識

VIOのVは身体の正面、足の付け根から腰骨の高さまでのおおむね三角のエリアを指します。Iラインは女性器の両側そく面で、Oラインは肛門周りを指します。これらの部位を脱毛する施術から派生した言葉が「VIO脱毛」です。

VIOラインの脱毛を検討されている女性は最近では少なくないようです。清潔に保ちたい、下着や水着からはみ出た毛も処理したいけどデリケートな場所だけにどうしたら良いか知りたいというお声をよく聞きます。

この記事ではVIOの部位の説明から形の選択肢、おススメの脱毛方法にアフターケアまで体験談を通してお伝えします。

VIOってどこの部位のこと?

VIO脱毛とはアンダーヘアのVライン、Iライン、Oラインの脱毛をすることです。具体的にそれぞれ部位について詳しく見ていきましょう。

Vライン

Vラインとはビキニラインやパンティラインとも言って、足の付け根から腰骨の高さ位までの三角の範囲を言います。アンダーヘアのなかでも最も毛が多く範囲が広い箇所ですので自己処理の際は長さを一度ハサミなどで短くしてからシェーバーなどでお手入れするのが効率的でしょう。

Iライン

Iラインとは女性器の両側側面で肛門までを指します。デリケートな部位になりますので、自己処理などでかぶれや、最悪の場合カミソリで皮膚を切ってしまうこともあり得ますので自己処理はおススメしません。可能であれば医療脱毛や脱毛サロンを検討しましょう。

Oライン

Oラインとは肛門の周りを指します。自己処理では手が届き辛いですしIライン同様デリケートな部位ですので自己処理はおススメしません。

VIO脱毛の知っておきたいポイント

VIO脱毛はアンダーヘアを全て処理すると想像しがちですがビキニラインは形を残したり薄くしたりなど選べますので最終的にどうしたいかイメージを持ちつつ処理を始めると良いでしょう。

VIOのデザインの種類

ここではビキニラインのデザインの種類を紹介します。全くの無毛にすることをハイジ二ーナと言いますが、温泉などを考えると多少は残したいと思う方も多いようです。

残す場合の選択肢は、全体的に自然に薄くする、スクエア(四角形)、長方形(たて長)、オーバル(楕円形)、逆ピラミッド(逆三角形)などが挙げられます。それぞれの大きさはクリニックや専門サロンにする場合でも希望を聞いてくれるので、希望のデザインや残す大きさを明確に伝えましょう。

このほか自己処理では難しいかもしれませんがクリニックや専門サロンではハートの形をお願いできる場合もあるようなので興味があるなら事前に問い合わせてみましょう。

脱毛後のアフターケア

処理の方法に関わらず脱毛後は必ず保湿をしましょう。VIOはデリケートなうえに、脱毛処理で肌に負担がかかり乾燥しがちです。放置しておくと乾燥に加えて痒みや黒ずみなどのトラブルの原因になり兼ねません。最近はVIO専用の保湿ローションがネットで購入できますし、ドラッグストアなどで顔につけるような低刺激の保湿クリームやローションなども活用すると良いでしょう。

次の章ではVIOの除毛の方法と、それぞれのメリット・デメリットをまとめて解説します。

VIO脱毛の方法とメリット・デメリット

VIOのお手入れ方法は手軽に始められる自己処理からクリニックやサロンの利用までそれぞれの特徴を掴んで自分に合った方法を検討しましょう。

自宅で処理をする方法

自分で除毛する方法はカミソリ、除毛クリーム、電気シェーバー、ワックス脱毛など様々ですが、自己処理をするならVIO専用の電気シェーバーを使うのが良いでしょう。

刃が皮膚に直接触れずにカットできるアタッチメントやヒートカッターが付属しているシェーバーを選びましょう。アプリケーターがあれば刃が直接皮膚に触れることは無いですし、ヒートカッターで処理すれば除毛後のチクチクする不快感も軽減します。

自己処理の最大のメリットはサロンやクリニックに比べて費用が安く済むことと、都合に合わせて好きな時間に除毛ができることでしょう。翌日、急に水着になる予定が入っても焦らずにすみます。

一方で自己処理の最大のデメリットは間違った自己処理で皮膚トラブルを起こす可能性が高いということでしょう。デリケートな部位のため、カミソリなどで皮膚を切ってしまうような危険もあるかもしれません。

日常的に下着から出る部分を綺麗にしておきたい場合は、週に2回程度のお手入れが必要になるためお手入れの負担が多い点も自己処理の難点と言えるでしょう。

医療クリニックを利用した脱毛

医療クリニックは主にレーザー脱毛方式を用いた機械を使って脱毛します。

医療脱毛のメリットはレーザーを照射する出力が強いためサロンに比べて少ない回数で脱毛効果が得られます。おおよそ5回程度でほぼ生えてこなくなりますが、さらにツルツルを目指す場合は6回以上様子を見ながら照射をします。

医療脱毛のデメリットは照射する出力が強いうえにVIOはデリケートな部位のため激しい痛みが伴います。クリニックは塗る麻酔を使用することもありますが、それでも痛みはゼロではありません。ただし痛みの感じ方は個人差があるのと、レーザーは黒い物に反応するため毛が多い最初の方が特に痛む特徴があります。コースに申し込みをする前に1回お試しで照射することをおススメします。

サロンでの脱毛

脱毛サロンでは光脱毛という方式の機械を使って照射をして脱毛します。

脱毛サロンのメリットは、クリニックと比べて痛みが少なく負担が少ない事です。サロンや時期によっては、お得なキャンペーンなどがよく出ていますので横並びで比較検討しやすのもメリットでしょう。

デメリットは照射出力が弱いため、その分効果を得るために回数を多く通わなくてはいけない点でしょう。照射個所をツルツルにしたいなら最低でも15回以上は通う必要があります。

お手入れ方法と特徴のまとめ

つぎにクリニックおよびサロンで脱毛をして自己処理のわずらわしさから解放された筆者の体験談をお伝えします。

VIOは脱毛サロンがおススメ【体験談】

他の部位はともかくVIOに関しては私の場合は脱毛サロン一択でした。

理由はクリニックでのVIO脱毛は施術ができないくらい痛みがひどかったからです。サロンの脱毛の痛みは肌感覚でクリニックの3分の1程度でした。回数を重ねて毛の量が減ると痛みは更に半減するため後半の方はほとんど痛くありませんでした。

Vラインは縦長方形のI型にしてもらいました。最初のカウンセリングで希望を伝えて輪郭を自然な感じでぼやかすようにお願いしました。

残した長方形以外の部分やIラインもOラインの状態はというとツルツルです。実は10年位前に施術しましたが、その後1本も生えてくること無くツルツルを維持しています。サロン脱毛を終えてからは完全お手入れゼロの状態を維持しています。

サロン選びを間違えなければ脱毛サロンでも少ない痛みで楽に綺麗に脱毛はできます。

私の場合は、どちらかと言うとクリニックで医療脱毛したわきの下の方が今でも気づくと数本生えてきます。そしてクリニックでのわきの下の施術はかなり痛かった記憶があります。

回数も月に1回程度となると1年以上通うことになりますが、そんなに苦ではありませんでした。一度照射をすると数日後から毛が一旦抜けますので生え変わるまではお手入れ不要ですし、IラインとOラインは割と早めに生えなくなりツルツルになります。

5回位すると毛が全体的に柔らかく細くなりますのでお手入れはかなり楽になります。
自己処理の煩わしさから解放されて時間にゆとりもできるし、急な予定でも焦らず済むようになってストレスも減りました。

VIOのサロン脱毛は言うまでもなくやって良かった施術ナンバーワンでした。

VIO脱毛の意外な難点は、脱毛期間中の温泉でした。最初の数回は残すところも薄くするために全体的に照射しましたので一刻ですが全くの無毛になります。

そのタイミングで友人に温泉に誘われたときでした。『脱毛中でいまはアソコの毛が無いから行けない。』と断ったところ大爆笑されてちょっと恥ずかしかった苦い思い出があります。

まとめると、VIOに関しては時間がかかりましたが脱毛サロンでも私は満足な効果を得ることができました。とはいえ、クリニックの医療脱毛は我慢ができれば短期間で終えられるメリットもあります。

そこでおススメの方法は、

クリニックで医療脱毛を体験して痛みを確認して続けられそうなら医療脱毛のコースに申し込む。痛みに耐えられなかったら脱毛サロンにする。

です。

私はクリニックでの塗る麻酔は足しにもなりませんでしたが、痛みの感じ方は人それぞれですし、毛の多さにもよりますのでこの方法がベストかと思います。

脱毛サロンのカウンセリングに行って効果が出る回数とか施術を受けた方の声を聞いてみるのも良いかと思います。

次の章ではクリニックやサロンにおけるVIO脱毛の疑問について経験者目線でお答えします。

Q&A

ここではVIO脱毛の素朴な疑問に経験者目線でお答えします。

Q1.脱毛の施術の流れを教えてください。体制は恥ずかしい?

A:当日は施術ルームに着替えてから、必要に応じてシェービングをしてから照射します。施術後はダウンタイムは軽い赤身程度ですので施術後の外出も問題ありませんでした。施術者が淡々と作業を進めてくれるので恥ずかしさは最初だけでした。

当日施術ルームに通されてガウンと紙パンツへ着替えます。初回はカウンセリングで希望の形などを確認して紙パンツは一旦脱いでベッドに仰向けになります。

まず自己処理で足りない部分の確認と必要に応じて施術者が電気シェーバーで除毛をしてくれます。

Vラインは足を少し開いて行い、Iラインはカエルのように両足を開くか体制がきつく感じる場合は片膝を曲げて数字の4を描いた体制で照射をします。

Oラインはうつ伏せでIラインと同じように片膝を曲げて照射をします。

施術に関係ない部分はスタッフさんがタオルをかけてくれますし、淡々と手際よく作業をしてくれるので私はほんとの初め以外は恥ずかしい気持ちは意外にありませんでした。

一度、施術者さんに『嫌じゃないですか?』と聞いたことがありましたが、「全然気になりません。」とサクッと答えて頂き案外気にしているのは自分だけかもと気付き、それ以降は施術をできるだけスムーズに行えるよう躊躇なく足は大きく開くよう心掛けていました。

Q2.施術前の自己処理は必要でしょうか?

施術前にVIOの自己処理が必要になります。サロンやクリニックによっては処理をお任せできますが有料になることが多くなります。

脱毛では毛の黒い色に反応する照射をして毛根に熱を貯め込みます。毛根にダメージを与えることで脱毛を促します。そのため皮膚の表面に毛が残っていると照射した際に反応をして皮膚にダメージを与えることになり兼ねないため、施術前の毛の処理は必ず行います。

毛抜きやブラジリアンワックスのように毛を抜く行為は照射の効果を弱めるため、絶対NGです。

処理はカミソリでも構いませんが皮膚への負担が大きいため、できれば電気シェーバーを使うのが無難でしょう。自分でできるところは行いIラインやOラインは上手くできない場合は無理をせずに大雑把に処理をして当日施術前にお願いしましょう。多少の残った部分はお願いすることはできます。

Q3.脱毛中のチクチクはありますか?

最初の数回は自己処理をしてから毛が抜けきるまでの1~2週間は多少あるかもしれません。回数を重ねるごとに徐々に毛は細く薄くなりますので、気にならなくなっていきます。

施術前の自己処理をVIO専用の電気シェーバーを使えば、ヒートカッターで処理ができるためカミソリのようなチクチクは回避できて快適に過ごせるでしょう。

まとめ

ここまでVIOの部位やお手入れ方法に、おススメのお手入れ方法まで解説してきました。

VIOはデリケートな部分なので適切なお手入れ方法を実践をして快適に過ごしましょう。

⇒VIO脱毛|基礎知識

タイトルとURLをコピーしました