【5回じゃ終わらない理由】VIO医療脱毛は何回で完了する?

VIO脱毛 基礎知識

「医療脱毛の5回コース○○円」なんてよく見かけますが、それでツルツルのVIOになると思ってませんか?

脱毛は年々進化していますが、VIOに関しては小さくデザインを残したり、ツルツルの無毛にするなら5回では終わりません

この記事では、VIO脱毛は何回で理想の状態にまで持っていけるのか、毛が生え変わる期間や脱毛の仕組みに基づいて本質的な部分を解説していきます。

脱毛で後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

1.【VIOの状態別】必要な脱毛の回数とは

VIO脱毛をした場合に必要な回数を状態別に説明します。

脱毛の満足度は人それぞれですが、VIOの目指す所は大きく分けると、①薄くする、②理想の形にする、そして③ハイジニーナ(無毛)にするの3パターンのどれかに当てはまる傾向にあります。

それぞれの段階別に必要な回数はクリニックとサロン別にズバリ以下の通りです。

<VIO脱毛の段階別、必要な照射回数>

脱毛の段階 医療脱毛 サロン脱毛
①薄くする 3回(6か月) 6回(6-12か月)
②理想の形にする 6回(12か月) 18回(20-36か月)
③ハイジニーナ(無毛) 8回以上(16か月以上) 20回以上(36か月以上)

個人差はありますが、3回の照射では薄くなる程度ということです。

次の章では、毛の生え変わりや脱毛の仕組みからその理由を解説してきます。

2.脱毛の仕組み

脱毛で毛が抜ける仕組みをすごく簡単に説明します。

レーザーや光を照射すると毛のメラニン色素を伝って毛根部に肌の表面には出ていない毛根部に熱をが届きます。

その熱で毛を産生する組織を破壊して毛が生えなくなる仕組みです。

これは、医療脱毛や脱毛サロンではILP脱毛がこの仕組みで脱毛をしています。

ただ、これは肌の表面に見えているすべての毛に同じように働くわけではありません。

また、いま生えてはいなくても、これから生える毛もあって、そのような毛には脱毛効果が得られません。

これは「毛周期」という毛が生え変わるサイクルが関わってくるからです。

3.脱毛効果が得られるのは成長期の毛のみ

抜けたり生えたりする実感は無くても、髪の毛や体毛はいつも生えたり抜けたりの繰り返しです。

体毛は、主に(成長前期も含む)成長期、退行期、休止期の3つの段階で毛が生え変わる話は聞いたことがあると思います。

もちろん、すべての毛が同時に成長期や退行期を迎えるのではなく、一部の毛が順繰り2か月から3か月かけてこの3つの段階を経て生え変わります。

ここではそれぞれの特徴を簡単に説明しますね。

成長期

全体の毛の10%から15%と言われています。この時期は肌表面に出ている毛と毛根部にある発毛組織が繋がっている状態で、照射したレーザーや光の熱が毛を通じて発毛組織まで届いて脱毛効果が得られます。

ですので、唯一脱毛効果が得られる時期と知られています。

退行期

この時期の毛は全体の10%から15%と言われています。この時期は、発毛組織と毛が離れ始めている期間です。

抜け初めの毛は退行期の毛になります。

休止期

この時期は毛が肌の表面には出てきていない状態です。

ここで、感の良い人は既にお気づきかもしれません。

そうです、脱毛効果が得られる成長期の毛は多くても全体の15%ということは、一度の照射で脱毛できえるのは全体の15%のみということです。

これは、

全体の毛(100%)÷脱毛効果(15%)≒6.6回

となり、理論上は6回から7回程度照射をしないとツルツルにはならないことになります。

さらに、成長期の毛は全体の10%から15%となりますので、たまたま成長期の毛が10%しか無いときに6回照射しても、まだ全体の6割程度しか脱毛効果を得られないことになります。

成長期の毛が15%以上あるタイミングは見た目では判断できないため何とも言えませんが、完璧なツルツルの無毛を目指しているなら多めに見積もって10回照射する予定を立てておけば無理なく完了する計算になります。

実際はここまでのケースはあまり多くないと思いますが、理論上はそう言うことになります。

ももみ
ももみ

うーん、ちょっとショックだったけど10回で予定をしておいて6回から7回で完了したらラッキーだものね。

なーこちゃん
なーこちゃん

追加分は都度払いにしたり、途中解約や返金ができるクリニックを選べば損することは無いにゃ~。

途中解約や返金ができるクリニックも選べる、おすすめクリニック一覧最新情報はこちらです。

⇒【VIO医療脱毛】おすすめクリニック10選!2022年最新情報

4.脱毛器の種類によっても必要回数は前後する

脱毛器によっては、レーザーの種類によっても必要な回数は前後します。

一般的には、同じ医療脱毛でも熱破壊式や蓄熱式では効果のほどは変わらないと言われています。

これは肌感覚ですが、実際は毛が太くて硬いVIOには熱破壊式の方が早い効果を実感できるケースが多いようです。

5.まとめ

VIO脱毛がハイジニーナを目指すなら6回コースでは終わらない理由はご理解いただけましたでしょうか。

5回コースは脱毛で感じる満足度にもよりますが、小さくデザインを残す人でも、もう一声って言う状態じゃないでしょうか。

ハイジニーナにするなら残念ですが追加しないと完了しないケースがほとんどでしょう。そうなってしまうとお金もかかりますし残念でよね。

VIO脱毛に最適な回数と間隔を熟知して計画しておくことが大切です。

脱毛で失敗しないために少しでも参考になれば嬉しいです。

⇒VIO脱毛|基礎知識

タイトルとURLをコピーしました