VIO脱毛は毛周期で効果が左右される!?失敗しない脱毛の基礎知識

VIO脱毛 基礎知識

毛はずっと生え続けているわけではありません。一定期間成長したのちに、自然に抜けてまた新しい毛が生え変わります。このサイクルを毛周期(もうしゅうき)と言います。

脱毛をするときはこの「毛周期」の仕組みを理解して計画的に照射しないと、せっかく脱毛コースを完了しても、また毛が生えてきてしまうなんて残念な結果になり兼ねません。

この記事では脱毛効果を最大限にするために、毛周期を理解したうえで脱毛に最適な間隔について解説していきます。

1.脱毛の施術の効果は「成長期」だけ

サロンやクリニックでの脱毛は1回の照射だけでは完了しません。毛周期(もうしゅうき)という毛の生え変わりのサイクルに合わせて、「成長期」に照射をして脱毛の効果が得られるからです。

この後の章で詳細を説明しますが、脱毛の施術の効果は「成長前期」や「成長期」と言って、毛が生えてきた頃から伸びている時期しか効果がありません。

また成長前期や成長期の毛は全体の10%から15%と言われています。そのため、成長前期や成長期を狙って効率よく照射したとしても100%÷15%≒6.6回となり、理論上は6回から7回程度照射をしないとツルツルにはなりません。

じゃあ、6回から7回は最低照射するとして、間隔はどれくらいあけないといけないのかしら?

VIO脱毛の最適な間隔について説明する前に、まずは「毛周期」の基礎知識について理解しておく必要があるにゃ!

おっけー、では毛周期について教えて!

2.毛周期とは?

一本一本の毛は毛周期(もうしゅうき)のサイクルで生え変わる仕組みになっていることはお伝えした通りです。部位によって異なるのと個人差はありますが1.5か月から3か月程度の期間で生え変わると言われています。

毛周期は①成長期前期、②成長期、③退行期、④休止期を繰り返して生え変わります。照射をして反応するのは、このうち①成長前期と②成長期のみです。

照射は毛の黒いメラニン色素に反応して毛根まで熱を送り毛根の細胞を破壊またはダメージを与えて脱毛効果を得る仕組みとなります。③退行期や④休止期はメラニン色素が薄くなるため毛根まで熱が届かず脱毛効果はえられにくくなります。

それぞれの時期の毛の状態は以下の通りです。

成長前期と成長期

毛の根本で細胞分裂が活発化し毛を成長させる時期です。目に見える毛が生えてきたころから伸びているのがこの時期にあたります。VIOのアンダーヘアでは全体の10%から15%程度の毛がこれに該当します。脱毛の照射はこの時期のみ有効となります。

退行期

毛の成長の活動が弱くなり、毛の根本部分が委縮して自然に抜ける準備が始まる時期です。メラニン色素が薄くなるため毛の成長に影響を与える毛乳頭(もうにゅうとう)や毛母細胞(もうぼさいぼう)にダメージを与えることができない時期。そのためこの時期に脱毛をしても効果はありません。

休止期

毛乳頭の活動が休止して、自然に脱毛して毛が生えなくなる時期です。毛が生えていないため脱毛をする仕組みが機能しません。そのためこの時期に脱毛をしても効果はありません。

なるほどね。毛周期について理解が深まったところで、結局、脱毛効果を最大限にするためにどれくらいの期間をあけるのが良いのか知りたいわ。

にゃ!次の章で説明するにゃ。

3.VIO脱毛に最適な周期は3か月ごと

結論から言うと、VIO(アンダーヘア)の脱毛は、おおよそ3か月ごとの照射が一番効率が良いことになります。

理由は前述の毛周期がVIOは個人差はあるものの、他の部位より長く3か月程度となるからです。

医療脱毛では部位にかかわらず6回コースが多いのは、毛周期を当てはめて考えると1回あたり全体の15%の毛のみに脱毛効果があると仮定すると、最低6回は必須となるとからだと考えます。

6回の照射間隔はそれぞれ部位に応じて異なりますが、VIOに関しては3か月おきに照射すれば上手く行けばコースが終わる6回で完了する可能性も十分にあるでしょう。

4.脱毛と毛周期に関するお悩みQ&A

ここではよくある脱毛と毛周期に関するお悩みについてのQ&Aをまとめたにゃ!

あら、気が利くわね♪

Q:脱毛は成長期以外の周期の毛は全く影響を受けないのですか?

A:退行期に入った毛はメラニン色素が薄くなり脱毛効果が薄れますが、まったく影響を受けないわけではありません。毛根の組織に照射による熱が少しでも届いて軽いダメージを与えられれば生えてくるスピードが遅くなったりなど多少の効果が見込めます。ただ効率的な脱毛となると成長期の方が確実ということです。

Q:成長期ってどうしたら分かりますか?

肌の表面に毛が生えかけていたり伸びている毛は成長期を迎えています。

Q:毛抜きなどで毛を抜いて、新たに生えた毛は毛の成長期ということですか?

毛が生えている時点で成長期ですので、毛を抜いてしまうと照射しても毛のメラニン色素に反応する仕組みが機能しないためせっかくの適切な脱毛のチャンスを逃してしまうことになります。次にまた毛が生えそろうまでは照射ができません。サロンやクリニックで脱毛している期間は毛抜きやブラジリアンワックスなどの処理は絶対にやめましょう。脱毛効果が薄まります。

5.まとめ

ここまで脱毛と毛周期の関係性について解説してきました。

せっかくお金を払うのだから毛周期の仕組みを知って脱毛の効果を最大限に享受しましょうね。

⇒VIO脱毛|基礎知識

タイトルとURLをコピーしました