ケノンでのVIO脱毛は何回で効果がでる!?必要回数・頻度・効果を解説

セルフVIO脱毛

1万円前後の家庭用脱毛器でVIOのはみ毛を解消することはできません。

なぜなら、あまりも出力が弱いからです。1万円でツルツルになるなら、脱毛サロンもクリニックも存在しないわけです。

もしかしたら10年くらい毎週繰り返し脱毛をするとツルツルになるかもしれませんが、その前に脱毛器がダメになって使えなくなります。

当サイトが家庭用脱毛器をすすめるなら「ケノン」一択です。他の脱毛器に比べると値段は高めかもしれませんが、長期的なスパンで見ると効果、コスパはダントツ一位の置き型脱毛器です。

この記事では、ケノンの使い方、何回で必要回数、頻度、効果についてご紹介します。

使い方によっては「脱毛効果を感じない」、「肌トラブルになった」なんている口コミもありますので、ぜひ読んで参考にしてもらえると嬉しいです。

1.ケノンの使い方

ここではケノンの使い方を説明します。

ケノンのカートリッジの種類

ケノンには照射面積のサイズや用途違いで数種類のカートリッジがあります。標準で「スーパープレミアム」カートリッジが付属されていますので、交換時期にならない限りは標準で十分効果が得られます。

照射範囲が違いますので、できるだけお手入れ時間を短縮したい場合は「エクストララージ」、IラインやOラインなど狭い範囲は「ストロング」を使っても良いですが必須ではありません。

いまなら、スキンケアのカートリッジが本体を買うと特典で付いてきます。

⇒自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

痛みを感じにくいやり方

照射前はそり残しが無いように丁寧に剃毛をしましょう。そり残しは火傷の原因にもなります。

カミソリでの剃毛は肌への負担が大きく、敏感肌の人には向きません。そこに照射をすると肌トラブルになることも。

安価なものでも構いませんので電気シェーバーで剃るようにしましょう。

ジェルなどの塗布はせず照射します。

当てる部分は、冷やしてから当てると痛みがかなり軽減されます。光の照射が毛根部に熱を届けて脱毛をする仕組みですので、熱が皮膚内部にたまるため痛みを感じます。

面倒ですが、保冷剤を照射部位に当てて肌が冷えたら、ピッと当てる。次の照射部位も冷やしてピッ、と言うように繰り返して照射していきます。

2.ケノンは効果ある!?リアルな体験談

ここではリアルな体験談からケノンの脱毛効果についてリサーチしました。

使い始めて3か月ほどたちますが、明らかにスネや脇の太い毛は産毛のような毛質になりました!
もともと産毛程度しかないところに関してはほとんど生えてこなくなりました!!
肌を冷やす手間があるのは大変だけど家でできる脱毛としてはかなりクオリティ高いと思います。口コミを信じてよかったです。(ぽさのぱいぇ 20代)

3カ月くらい続けたらかなり毛の量が減りました。以前通っていたサロンよりずっと即効性があり驚きました。ただ中途半端な状態でサボるとまたちょっとずつ生えてきたので毛の量が減っても定期的にあてた方がいいなと思います。脇やVIOの太くて硬い毛にもしっかり効果があります。黒いプツプツが減ったので褒められることもしばしば。通販で脱毛器を調べるとたくさん種類が出てきてかなり迷いましたが一番クチコミが多くて評価も高いケノンにして良かったです。(たぴ活青春 20代)

3か月ほど続けていますが毛が薄くなってきたような気がします。特に濃い腕脚脇は変化が分かりやすいです。こんなにちゃんと効果が出るとは高評価のクチコミが多いのも納得です。難点があるとしたらちょっと重いところと大きいから場所をとるところくらいですかね。まあそこを差し引いたとしてもいい商品には違いないですが。ケノンって昔からあるから最近出た方のが効果がありそうって思ってたけど、たぶんリニューアルとかしているんでしょうねやっぱりいい商品はずっといい商品です。メベルン 20代

ケノンの口コミの傾向

・3か月目くらいで脱毛効果を実感し始める
・毛が濃い脇やVIOは効果を感じやすい
・機械の本体が大きくてかさばる
・さぼるとチラホラ生えてくるので定期的な照射は必要

最初の数回は低レベルで始めるのが鉄則

とくに肌が弱い方は1回目や2回目でレベル8など高い出力で照射した方で火傷がよく見られます。

さらに、照射前後の冷却は必ずしましょう。

1回目の照射はレベル1から始めて8まで上げて照射しました。翌日赤い発疹が数個ポツポツ出ました。間をあけて2回目にレベル8にして照射したところ、翌日朝から照射した場所が腫れ上がりました。強烈な痒みで会社を早退し病院へ。ステロイドとアレグラを処方されましたが気が狂いそうな程の痒みで夜も寝れず、翌日再度病院へ。強力なステロイド軟膏と飲み薬もステロイドに変更してもらいましたが改善されず。
これ以上強い薬は処方出来ないと言われたので発狂しそうな痒みを冷やして必死に我慢しました。

一週間程で痒みはひきましたが、火傷の痕が2か月近く残りました。真夏に長袖、長ズボンしか着れず辛かったです。それ以来怖くて使用していません。
高い買い物ですので、肌の弱い方はよく考えてから購入される事をお勧めします。

出典:楽天

3.ケノンの効果的な照射回数

ケノンで脱毛効果を実感するには、どれくらいの頻度で何回照射をしたら良いのかは皆さんが知りたいところですよね。

ここでは、ケノンのおすすめの頻度や回数を説明します。

あくまでも、使ってみた個人的な感想と他の人の体験談をもとにお伝えしていますので参考までに。

ケノンでおすすめの照射レベルと頻度

最初から強いレベルで照射をしたいところですが、そこは抑えて低いレベルから徐々に慣らしていきましょう。

部位 照射レベル
(初めの数回)
照射レベル
(慣れたら)
照射頻度
わき LV.1~3 LV.8~10 1~2週間に1回
VIO LV.1 LV.8~10 1週間に1回
LV.1 LV.8~10 1~2週間に1回
LV.1~3 LV.8~10 1~2週間に1回
LV.1~3 LV.8~10 1~2週間に1回

ケノンでVIOに効果を感じる回数

「明らかに毛が減った」、「毛が細くなってお手入れの回数が減った」という声があるのは週に1~2回程度の照射を3か月間継続したケースで多く見られるコメントです。

つまり、最低10回から20回程度の照射で効果を時間できるのがケノンですので、気長に照射していく感じですね。

VIOに関しては、毛が濃いため腕や脚と違って更に10回程度間隔を開けて照射をすると生えて来なくなる方が多いので、さらに気長に照射を繰り返しましょう。

20回程度の照射で生えてくる毛量はかなり減るので、この頃にはお手入れがかなり楽になります。

生えてきたら数か月に1度の間隔で照射する程度で十分です。

4.ケノンの本体と付属品

ケノンにはカートリッジはもちろんのこと、ゴーグルや保冷剤などもついていて届いたら直ぐ使えるのが魅力です。

このほか、時期によっては期間限定でプレゼント特典が付くので更にお得です。

たとえば、いまなら7,900円相当の「スキンケア」カートリッジが特典で貰えます。

出典:ケノン.com

5.家庭用脱毛器の種類

VIOにも使える家庭用脱毛器の選ぶ際のポイントは、いくつかあってこちらの記事で紹介していますので是非読んで参考にしてもらえると嬉しいです。

ですが、ここでも簡単にお伝えすると、

・フラッシュ式かレーザー式は目的に合わせて選ぶこと、
・VIOにも照射できるかを購入前に確認すること
・レベル調整ができること
・効果重視ならケノンのような置き型タイプを推奨

の4つのポイントをご紹介しています。

⇒家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント

6.まとめ

ここまで家庭用脱毛器で人気のケノンでするVIO脱毛についてご紹介してきました。

ケノンに関する評判や効果を感じる回数、上手な使い方などを知って、満足のいく自宅での脱毛になるよう、ご参考になれば幸いです。

⇒VIO脱毛|家庭用脱毛器の効果や評判などのまとめ

タイトルとURLをコピーしました