ヒートカッターの使い方【画像付き】Vラインの長さは何センチがベスト?

セルフVIO脱毛

「デリケートゾーンの毛を脱毛したいけど、まだサロンに行けない。」

「サロンに行くのが恥ずかしいから自分で処理したい。」

「アンダーヘアをツルツルにしなくても、毛を薄くしたい。けど、チクチクしてショーツからはみ出すのが嫌でできない!」

などと考えている人にはヒートカッターがおすすめです。

この記事では、VIOの毛の長さをヒートカッターの使い方や適切な毛の長さ、そしてメリット・デメリットなどもまとめてお伝えします。

この記事がおすすめの人
・VIOは自分で処理をしている人
・ツルツルと言うよりは毛の長さや量を調整したい人
・下着から出る毛やチクチクの痒みが悩みの人

1.ヒートカッターとは?

ヒートカッターとは電熱トリマーやトリマーとも言われるもので、熱線で毛を焼き切るアイテムで主にアンダーヘアのお手入れ用に作られたものです。

ヒートカッターは毛の量や長さを調整して整えることが目的の商品ですので、アンダーヘアをツルツルにしたい人には不向きなアイテムとなります。

熱線で毛を焼き切ると毛先が丸くなるため、カミソリなどと違ってチクチクがかなり軽減されます。

当サイトでも今まで何度か紹介していますが、セルフで処理する際のムダ毛お手入れアイテムではヒートカッターが一番のおすすめです。

では、ヒートカッターのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

2.ヒートカッターのメリット・デメリットとは?

まずはヒートカッターの主なメリットを3つお伝えします。

ヒートカッターのメリット

メリットその1:切った毛の断面が丸くなるためチクチクが軽減される。
アンダーヘアの処理後にチクチクが酷すぎて悩んでいる人は多くいます。原因は特にカミソリなどで剃った毛の断面が鋭くなって、それが皮膚を刺激して強い痒みを伴います。

ヒートカッターは焼き切った毛先が丸くなるため、チクチクはかなり軽減されます。

メリットその2:毛の途中でカットするため皮膚に負担がかからず肌トラブルになりにくい。

カミソリの場合は毛の根元から皮膚に刃をあてて剃りますので、肌へのダメージが大きいことは意外に知られていません。これが繰り返しとなると肌を傷つけてしまい、色素沈着や乾燥、最悪の場合は炎症などの原因にもなり兼ねません。

ヒートカッターの場合は、毛の途中で焼き切るため、そもそも肌に刃が触れることもありませんので肌トラブルはおきません。

メリットその3:毛を薄く短くと整えたい人にはうってつけ

ヒートカッターは主にアンダーヘアを薄くしたり、短くすることで整える目的があります。

ですので、そもそもツルツルではなく自然に減らしたい人にはチクチクもしませんしうってつけのアイテムと言えるでしょう。

ヒートカッターが良いアイテムであることは分かりましたが、デメリットについても見ていきましょう。

ヒートカッターのデメリット

デメリットその1:お手入れは電気シェーバーなどと違って時間がかかる。

熱線を使ってカットするため、一気に多くの毛量はカットできません。一回で大体10本程度をつまんでカットをして、また次の10本程度をつまんでカットして、それを繰り返しますのでシェーバーのように一気に剃っていくことはできません。

デメリットその2:カットの時に焦げくさい匂いがする。

これは気になる人とそうでない人に別れますが、毛を焼き切るため多少独特な焼ける臭いがします。

デメリットその3:定期的な繰り返しのお手入れが必要になる。

永久脱毛ではありませんので、髪の毛と同様、毛はカットしてもまた生え変わります。毎日の必要はなくても定期的な繰り返しのお手入れは必要になります。

ここまでヒートカッターのデメリットを紹介しました。

ですが、ヒートカッターはそれを超えるメリットの方が大きいのも事実です。デメリットがあることも理解しつつ納得のうえで使用するかどうかの判断をするのが大切です。

3.ヒートカッターの使い方と毛の長さ

さていよいよ本題のヒートカッターの使い方ですが、ここでは当サイトがおすすめのラブコスメの「Ⅴライントリマー」を使って使い方を説明しますね。

ヒートカッターの使い方

Vライントリマーの使い方を画像付きで3ステップで解説していきます。

充電:付属のUSBケーブルを差し込んで充電をします。

スイッチを入れる:充電が終わったらスイッチ(2段階調整)を入て発熱させます。

3カット:毛を10本程度とり、切りたいところにヒートカッターを押し当てるとスパッと切れます。

出典:ラブコスメ公式 【アンダーヘア】ラブコスメオリジナル Vライントリマー

カットする毛の長さの目安

カットする毛の長さの目安は下着の中に納まる程度です。これは大体2㎝から3㎝が良いでしょう。

長すぎても下着からはみ出ますし、短すぎても毛質が太いため下着の表面から飛び出すからです。

女性の平均的なアンダーヘアの長さは4㎝から5㎝と言われていますので、毛先を1㎝から2㎝カットしましょう。

あとは全体的にお手入れをすれば整えられます。

毛の長さの調整方法やヒートカッターの選び方はこちらの記事で詳しく解説しています。

⇒VIO(アンダーヘア)の適切な長さの調整方法とおすすめの道具

4.ムダ毛にはヒートカッターが断然おすすめなワケ

ここまでヒートカッターの使い方や最適な長さ、そしてメリット・デメリットについて解説してきました。

繰り返しのカミソリの使用は色素沈着や皮膚を傷つけてしまったり肌トラブルの原因になります。

一度できた黒ずみは治すのに相当の時間と根気が必要です。またお金もかかるでしょう。

ヒートカッターはカミソリよりは最初の費用はかかるものの、切れなくなってきたら電池を換えれば何度も繰り返し使えます。

また、気軽に安全にお手入れができますので長い目で見て高いアイテムではありません。

毛の量や長さの調整を希望するなら、この機会にヒートカッターを検討しても良いかもしれませんよ。

⇒自宅で「セルフVIO脱毛」

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました