VIOを抜くのは【痛い】し絶対NGって本当?VIOの処理方法

セルフVIO脱毛

VIOのムダ毛処理方法で悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

せっかく処理するのであれば、できるだけ綺麗に整えたいですよね。

ただ、VIOというのは非常にデリケートな部分ですので、正しい知識を身に付けたうえで処理をしないと埋もれ毛などにもなり兼ねません。

特に注意しなければならないのは、「毛抜き」を使った処理方法です。

この記事では、VIOの毛を抜いて処理することのデメリットや、綺麗にムダ毛を処理する方法について詳しく解説していきます。

1.VIOの自己処理方法にはどんな種類がある?

VIOの自己処理方法には、

・剃る
・抜く

という2つのやり方があります。

ではそれぞれの処理方法について、詳しく見ていきましょう。

剃る

VIOの処理方法として最も一般的なのは、剃るという方法です。

カミソリや電動シェーバーなどを使ってVIO周りの毛を剃っていきます。

ただ、VとIゾーンについては自分の目で確認しながら剃れるのですが、Oラインについては目視することができないため、剃るのがなかなか大変です。

適当に剃ってしまったり、感覚で剃ってしまったりすると、皮膚を傷つける原因になりますので注意しましょう。

また、

「毛を剃ると太くなる」

と勘違いをしてしまっている方もいるのですが、毛は剃っても太くなりません

剃った毛が太く見えてしまうのは、断面の見え方によるものです。

通常、毛というのは先端が細くなっているのですが、ここにカミソリを入れることによって、毛に断面ができますよね。

これが太く見えてしまう原因なのです。

また、VIOの毛は腕や脚とは異なり太くてハリがある毛のため、剃ると毛の断面が鋭くなります。

加えて、剃ったときの肌へのダメージも伴い肌は乾燥し、剃った後は強い痒みが伴います。一度痒みが出ると、数日間はチクチクとした痒みが続きます

抜く

続いては、抜いて処理する方法です。

最も一般的なのは、ブラジリアンワックスです。

ブラジリアンワックスは、毛を根元から引き抜くことができますので、綺麗な仕上がりに期待ができます。

ただワックスは数か月もすると元通りに毛が生えるため、定期的に処置をする必要があります。

もう1つ、毛抜きを使って自分で抜くという方法もあります。

VIOの毛を抜いて処理している方は比較的少ないですが、

・剃りたくない
・1本ずつしっかりと処理していきたい

と考えている方の中には、毎日毛抜きでコツコツ抜いている方もいます。

ただ、毛抜きでの処理はVIOに限らず様々なリスクやデメリットがありますので、あまりおすすめできません。

どのようなリスク、デメリットがあるのかということについては、後ほど詳しく解説していきます。

ももみ
ももみ

リスクとか考えてなかったけど怖い!

なーこちゃん
なーこちゃん

自己処理の仕方を間違えて悩んでる人は結構多いにゃ。

2.VIOの毛を抜いて処理するのは絶対NG?!理由は?

今解説した通り、VIOの毛を抜いて処理するのはかなり危険です。

以下、VIOの毛を毛抜きで処理した場合のリスクや、デメリットについて詳しく解説していきます。

埋もれ毛の原因になる

VIOの毛を毛抜きで処理すると、埋もれ毛の原因になります。

埋もれ毛というのは、文字通り皮膚の中に毛が埋まってしまう状態のことを指し、ブツブツとした黒ずみが起こります。

この状態で下着の摩擦などを受けると、メラニン色素が沈着してしまい、黒ずみの原因にもなるのです。

毛を抜くと一定期間脱毛ができなくなる

毛抜きで処理をする場合、毛を毛根から引き抜くことになりますよね。

毛根が綺麗になくなるため、一時的に綺麗な状態にすることができます。

ただ、毛抜きで処理をしてしまうと、一定期間脱毛ができなくなるのです。

というのも、脱毛は毛根にアプローチする施術ですので、肝心の毛根がない状態では効果を発揮することができません。

脱毛に挑戦しようとしている方、既に脱毛を行っている方は注意が必要です。

シンプルに痛い

VIOを毛抜きで処理するのがあまりおすすめできない理由は、シンプルに痛いからです。

Vラインは何とか我慢できるかもしれませんが、IラインとOラインは悶絶するレベルの痛みを感じます。

1本抜くごとに強烈な痛みを感じることになりますので、かなりストレスですし、処理にも多くの時間が必要になります。

このようなことから、VIOを抜いて処理することにメリットは1つもないと言えます。

ももみ
ももみ

ワックスも剥がすときは結構痛いわ。

 

なーこちゃん
なーこちゃん

痛みで思わず失禁する人もいるらしいにゃ。

3.VIOのムダ毛を安全且つ確実に処理するなら脱毛がおすすめ!

VIOのムダ毛を安全且つ確実に処理したいと考えているのであれば、脱毛がおすすめです。

脱毛には、

・フラッシュ脱毛
・レーザー脱毛

の2種類があり、フラッシュ脱毛は生えてくるタイミングを遅らせることを目的としています。

レーザー脱毛は毛根を破壊することを目的としていますので、一度処置が完了してしまえば、半永久的に毛が生えてこなくなるのです。

脱毛は専門の知識を持った看護師やエステティシャンが行ってくれますので、肌トラブルを防止しながら、安全に行うことができます。

自己処理による肌トラブルやケガを防止したいと思っている方、自己処理の手間を省きたいと思っている方は、ぜひ脱毛にチャレンジしてみてください。

ももみ
ももみ

ブラジリアンワックスも良いけど、継続してワックスをしないとまたすぐに元通り毛が生え変わるものね。長い目で見るとVIO脱毛が一番後悔しなさそう。

なーこちゃん
なーこちゃん

VIO脱毛はお金がかかるイメージがあるけどピンキリだから、まずはこの記事を読んで価格相場を見てみるにゃ。

⇒VIO脱毛の相場は?脱毛サロン・医療脱毛別に解説

4.まとめ

VIOの毛を抜いて処理すると、肌トラブルが起こりやすくなります。

また、VIOの毛は比較的太いため、1本抜くごとに強烈な痛みが襲ってくるでしょう。

全ての毛を処理する場合、痛みに耐えながらコツコツ作業をする必要がありますので、「効率」の面でもあまりおすすめできません。

VIOの毛を自分で処理する場合、カミソリや電動シェーバーを使い、剃って処理するようにしましょう。

より効率的且つ綺麗に処理したいと考えているのであれば、剃ったり抜いたりするのではなく、「脱毛」に挑戦してみることをおすすめします。

⇒自宅で「セルフVIO脱毛」

タイトルとURLをコピーしました